【2022年・メンズ用】靴のサブスク・レンタルサービス6選|綺麗なシューズを履くオシャレを目指す

「サブスクが流行っているけど、メンズ用の靴のサブスクってあるのかな?」

「靴のサブスク・レンタルサービスのおすすめを知りたい!」

これらの疑問に答えます。

メンズのファッションサブスクリプションが大流行していますが、実は靴のサブスクも少しずつ誕生してきています。
メンズ服に比べるとまだまだ少ないですが、今後もっと盛り上がりを見せてくれるはずです。
靴のサブスクを使えば、コスパ良く靴が履けたり、靴の数を減らせるメリットがあります。

この記事ではファッションサブスクを10サービス以上利用してきた僕が、靴のサブスク・レンタルサービスを比較しました。
それぞれのサブスクの特徴や、どんな人にオススメなのかも詳しく解説しています。
靴サブスクに興味がある男性の方は是非最後までご覧ください。では、行ってみましょう。

靴のサブスク・レンタルの一覧表

早速ですが、当記事で紹介する、靴のサブスク・レンタルサービスの一覧表をご覧ください。

靴のサブスク表

靴のサブスクサービス名ポイント月額料金靴のジャンルレンタルorプレゼント
クツダンロゴ靴男(クツダン)革靴専門のサブスク。3足5,000円の圧倒的コスパ。5,000円革靴レンタル
GO WITH WHITEのロゴGO With White白スニーカー専門のサブスク。白をキープするためのケアグッズが届く。3,278円スニーカープレゼント
ランニングシューズのサブスクサイクロンのロゴcyclonエコに配慮したランニングシューズ専門サブスク。限定の靴を所有できる。3,380円ランニングシューズレンタル
MCDATAPLUSのロゴ安全靴・作業靴調達サービス(MC DATA PLUS)安全靴専門のサブスク。アシックスを割安で使うことができる。880円〜安全靴、作業靴プレンによって、レンタルかプレゼント

靴の単発レンタル表

靴の単発レンタルサービス名ポイント料金靴のジャンルレンタルorプレゼント
DMMいろいろレンタルのロゴDMMいろいろレンタル豊富な革靴が揃う単発レンタルの人気サービス。1,980円〜(2泊3日)革靴、ゴルフシューズレンタル
LULUTIロゴLULUTI(ルルティ)スーツのレンタルサービス。スーツによく合うストレートチップの革靴の取り扱いがある。1,650円(3泊4日)革靴レンタル

迷ったら靴男がオススメ!

靴男

「いろいろ靴のサブスクがあって迷う…」そんな人にオススメなのは「靴男(クツダン)」です。
革靴専門のサブスクですが、カジュアルシューズも豊富に取り扱いがあるので、オンオフ関係なく利用ができます。

そして一番のおすすめポイントはコスパの良さです。
3足レンタルできて、月額5,000円。正直、価格破壊です。
今までの靴のレンタルでは、1足あたり2泊3日で3,000円くらいかかっていました。サービス開始時はマジで驚きました。

  • 靴をコスパ良く履きたい人
  • 自分の靴を減らしたいミニマリスト
  • 靴にかかる手間を減らして時短をしたい人、

全ての人にオススメな靴のサブスクです。興味があればチェックしてみてください。

靴のサブスク・レンタルの選び方は?

メンズ向け靴のサブスクレンタルサービスの選ぶコツ

後悔しないための靴のサブスク選びは事前のリサーチが重要です。
特に注意した方が良い6点をピックアップしました。

  • 靴のジャンル
  • 料金プラン
  • レンタル期間
  • 靴はレンタルorプレゼント

それぞれ簡単に解説していきます。

ポイント1:靴のジャンル

一言で靴のサブスクと言っても、それぞれのサービスで取り扱っている靴のジャンルは全然違います。

  • 革靴
  • スニーカー
  • 安全靴

などと、それぞれのサービスで1つのジャンルに特化しています。
現状は色々な靴のジャンルを一括で利用できるサービスはありません。
自分がよく使うジャンルの靴をよく見極めてサービスを選ぶと良いでしょう。

ポイント2:料金プラン

靴のサブスクの利用を考えている人は、コスパを重視する人も多いのではないでしょうか?
月額料金が安い!と飛びついても、トータルコストを考えると安くなかった…というサブスクも多いです。
月額料金、靴はプレゼントされるのか、解約金の有無などを総合的に判断して検討することをオススメします。

また、解約方法も事前にチェックすると安心です。
ネットからの解約なのか、電話なのか、書面なのか。把握しているだけでバタバタせずに済みます。

決済日もサービスによって異なります。特定の日に決済が行われる場合や、ユーザーが登録した日が決済日になる場合もあります。
解約のタイミングによっては余計に1ヶ月の利用料金を払うこともあるかもしれません。こちらも要チェックです。

ポイント3:レンタル期間

靴のサブスク・レンタルサービスには大きく分けて2つのレンタル期間があります。
特徴とオススメな利用方法をまとめました。

サービスタイプ特徴オススメの利用方法
サブスク型月額料金が発生する。返却期限はない。普段からよく使う靴の利用。
単発型返却期限がある。利用ごとに料金が発生する。普段はあまり使わない靴。(イベント用など)

この記事では、サブスク型と単発型を分けて紹介しているので参考にしてください。

ポイント4:靴はレンタル?プレゼント?

サービスによっては靴はレンタルする場合と、プレゼントされる場合があります。
現在、メンズ用の靴のサブスク・レンタルサービスでは、ほとんどが「レンタル」です。
レンタルで靴にかかるコストを減らしたい方や、ものを減らしたい人にオススメです。


以上が靴サブスク・レンタルで事前にチェックしておきたいポイントでした。

ここからはそれぞれのサービスの詳しい解説を行います。
サブスクタイプ→単発タイプの順に紹介していきます。

メンズ用の靴サブスク4選

まずはメンズ用の靴サブスクを4つ紹介します。
それぞれコンセプトが全く違うので、自分に合ったサービスを探してみてください。

靴男(クツダン):唯一の革靴サブスク

唯一の革靴サブスク

靴男(クツダン)

革靴専門のサブスク

月額5,000円で革靴3足が履ける圧倒的コスパ

スリッポンやブーツもあり、オフにも活躍

サービス名月額料金靴のジャンルレンタルorプレゼント取り扱いブランド
靴男(クツダン)5,000円革靴(シューズ、ローファー、ブーツ、カジュアルシューズ)レンタルLEON、madrasなど

靴男は革靴専門のサブスクです。革靴ならなんでも揃っているのが特徴。
普通の靴から、ローファー、ブーツ、カジュアルシューズまで取り扱いがあります。
ビジネスシーンはもちろん、オフの日も使えるカジュアルシューズが揃っているのが強いですね。

3足の靴はユーザーが自由に組み合わせることができます。
ビジネスシーンで使いたいなら、普通の革靴を3足レンタル。オフでも使いたいなら、普通の革靴2足とカジュアルシューズ1足。
このようにライフスタイルに合わせて利用できるので無駄がありません。

最大の特徴は5,000円で3足の靴がレンタルできる圧倒的なコスパ。1足あたり1,666円です。
他のサブスクと比べてみると分かりますが、バグった価格になっています。他社サービスと比べて半額以下の大盤振る舞い。
僕はサービスが流行り出したら値上げされると予想しています。今がチャンスです。

・とにかくお得な靴のサブスクを使いたい人
・革靴を履く機会が多い人
・靴を劇的に減らしたい人

GO WITH WHOITE:限定の白スニーカー専門サブスク

ホワイトスニーカーのサブスク

GO WITH WHITE

月額3,278円で白のスニーカーが使えるサブスク

定期的に真っ白な状態をキープするためのシューケアが届く

6ヶ月以上の利用でスニーカーをプレゼント

サービス名月額料金靴のジャンルレンタルorプレゼント取り扱いブランド
GO WITH WHITE.3,278円
(最低利用期間6ヶ月)
スニーカープレゼントオリジナルブランド

真っ白なスニーカー専門のサブスク「GO WITH WHITE」。
サービス初回にここでしか手に入らないオリジナルブランドのスニーカーが届きます。

3ヶ月に1回真っ白な状態をキープするためのシューズケアグッズが届く、斬新なサブスクです。
会員限定の職人によるリペアサービスも受けることができます。
スニーカーを大切に長く使いたい人にオススメのサブスクです。

オリジナルのスニーカーは6ヶ月以上の利用でプレゼント。
最低利用期間が6ヶ月に定められているので確実にもらえます。
6ヶ月経つ前に解約をする場合は解約金がかかってしまう点は注意しましょう。

・スニーカーのサブスクを探している人
・限定のホワイトスニーカーが気になる人
・一つのスニーカーを大切に履きたい人

サイクロン:環境に配慮したスニーカーのサブスク

ランニングシューズのサブスク

サイクロン

100%リサイクル可能なスニーカーを使えるサブスク

サブスクでしか手に入らない限定のスニーカー

リサイクルに特化しているのでお得感は無い

サービス名月額料金靴のジャンルレンタルorプレゼント取り扱いブランド
Cyclon(サイクロン)3,380円ランニングシューズレンタルOn

環境問題を解決すべく生まれたランニングシューズのサブスク。
使い終わった靴を回収して100%リサイクルするために作られたサブスクです。

6ヶ月ごとに新しい靴と交換をすることができ、役目を終えたシューズはOnへ返却をします。
返却された靴を原料に新しい靴が作られるシステムです。

植物のトウゴマ種子から作られたシューズは100%のリサイクルが可能でありながら、大会で活躍できるレベルの性能。
260g以下の軽量シューズで、ランニングにも適していますね。

6ヶ月ごとの交換なので、半年ごとに20,280円で靴を購入すると考えると分かりやすいでしょう。
Onの靴は16,000円〜20,000円程度で販売されているので、コスパ的には高くありません。
また、解約時には返却をする必要があります。手元に靴が残らない点も注意が必要です。

環境問題を考えてみたい、靴からリサイクルに貢献したい、そんな人にオススメなサブスクです。

・ハイスペックなランニングシューズを探している人
・環境問題に関心がある人
・他の人が履いていない靴が欲しい人

安全靴・作業靴調達サービス:働く人向けのお得なサブスク

安全靴専門のサブスク

安全靴・作業靴調達サービス

定期配送プランなら安く靴が手に入る

月額プランなら月額880円から安全靴が使える

ミドリ安全、アシックスの靴を揃える

サービス名月額料金靴のジャンルレンタルorプレゼント取り扱いブランド
安全靴・作業靴調達サービス(MC DATA PLUS)880円〜安全靴、作業靴レンタルミドリ安全、アシックス

安全靴と作業靴に特化したサブスク「安全靴・作業靴調達サービス」。
安定的に安く作業靴を使いたい人にオススメなサブスクになっています。

プランは2つあり、好みに応じて選ぶことができます。

  • 定期配送プラン→トータルコストを抑えたい人向け(複数購入で割引率UP!)
  • 月額プラン→初期コストを抑えたい人向け(月額880から利用できる!)

取り扱いブランドは、ミドリ安全とアシックス。
ローカットモデルやハイカットモデルも準備されているので、お仕事に合わせて選択が可能です。
特に解約手数料や縛りもないので、安心して利用できますよ。

・安全靴や作業靴を使う現場職の人
・安全靴を大量に用意しなくてはならない管理職の人
・コスパ良く安全靴を使いたい人

メンズ用の靴レンタルサービス2選

3つの靴のサブスクを紹介してきました。
イベントで靴を短期間だけ使いたいというケースもあるかと思います。
そんな時に便利なメンズ向け靴のレンタルサービスもご紹介します。

DMMいろいろレンタル

どんなものでも揃うレンタルサービス

DMMいろいろレンタル

スニーカーから革靴まで豊富な取り扱い

高品質な革靴が得意

最短2泊3日からレンタル可能

サービス名料金靴のジャンルレンタルorプレゼント取り扱いブランド
DMMいろいろレンタル1,980円〜(2泊3日)ゴルフシューズ、ランニングシューズ、革靴レンタルナイキ、LUCIUSなど

本当になんでも揃っているレンタルサービスとして人気な「DMMいろいろレンタル」。
メンズファッションアイテムから、ポケットWi-Fiまで取り扱いがありますが、靴も豊富です。

靴の取り扱いの多くは革靴です。
スーツに似合うような本革の革靴を多く取り揃えています。
デザインやサイズも豊富なので安心してレンタルすることができます。
スーツのレンタルも可能なので、スーツ一式と一緒にレンタルすると便利です。

また、靴のレンタルサービスとしては珍しい、ゴルフシューズも取り揃えているのがDMMの特徴。
ゴルフクラブのレンタルも行っているので、ゴルフアイテム一式をレンタルすることもできます。
ゴルフクラブはゴルフ場まで届けてくれて、返却もゴルフ場から行えるのでメチャクチャ便利と評判ですよ。

・革靴をレンタル私したい人
・ゴルフシューズをレンタルしたい人
・イベントの靴をわざわざ買いたくない人

LULUTI(ルルティ)

スーツ道具全般が揃うレンタルサービス

LULUTI(ルルティ)

スーツスタイルに似合うストレートチップ革靴の取り扱いあり

靴は1,650円でレンタル可能

スーツのオールインワンセットもレンタルできる

サービス名料金靴のジャンルレンタルorプレゼント取り扱いブランド
LULUTI(ルルティ)1,650円(3泊4日)革靴レンタルオリジナルブランド

イオン系列のスーツレンタルサービス「LULUTI(ルルティ)」。
コスパが非常良いスーツレンタルとして、少しずつ認知されてきました。

スーツアイテムも豊富に取り扱っており、靴のレンタルも可能。
取り扱いはブラックのストレートチップシューズのみです。
スーツによく似合うようなシューズなので、スーツスタイルに合わせたいところです。

シューズは3泊4日で1,650円というリーズナブルな価格です。
ただし、合計注文金額が8,800円未満だと往復の送料2,200円がかかってしまいます。
靴だけ注文すると合計で3,850円になってしまうので、コスパは悪いです。
ルルティは靴の他にもスーツアイテムをレンタルする時に利用するのがオススメです。

・シンプルな革靴をレンタルしたい人
・革靴だけでなく、スーツもレンタルしたい人

靴サブスク・レンタルのメリット

ここからは、僕が靴のサブスク・レンタルを利用して感じたメリットとデメリットについて解説します。

靴サブスクのメリット4つ

靴のサブスクレンタルのメリット

靴サブスクを使うメリットは4つありました。

  1. 靴を買いに行く手間がなくなる
  2. 靴箱がスッキリする
  3. 綺麗な状態の靴を常に履ける
  4. 色々な靴に挑戦できる

それぞれ深掘りします。

メリット1:靴を買いに行く手間が無くなる

靴のサブスク・レンタルを利用すれば、靴が家に届くので買い物の手間が減ります。
靴を購入するのは意外と手間がかかるもの。靴屋さんへ行って、靴を選び、試着をして、大きな箱を持って帰宅…。
貴重な休日が潰れてしまうのも嫌ですよね。

靴のサブスクを利用すれば時短効果もありますし、交通費の節約にもなります。
忙しい人や節約をしたい人はうまく活用したいですね。

メリット2:靴箱がスッキリする

靴をレンタルするタイプのサービスの場合、自分の靴が増えないのは大きなメリットです。
不要になったら返却ができるので、靴箱が常にスッキリした状態をキープできます。

普段あまり使わないイベント靴や、季節ものの靴はレンタルサービスと相性抜群。
最低限の物で生活をするミニマリストにも支持されています。

メリット3:いつも綺麗な状態の靴を履ける

靴のサブスクを利用して、一番感動したのが「いつも綺麗な状態の靴を履ける」ことです。
オシャレは足元からと言われるように、体の先端部分である足は意外と目立ちます。
靴がボロボロだと、いくら上半身に気を遣っていても、見窄らしくなってしまうんですよね。

靴のサブスクでピカピカの靴で生活をしていると、このような煩わしさからも解放されて最高です。

メリット4:色々な靴に挑戦できる

普段は買わない靴に気軽に挑戦できるのも靴サブスクの魅力です。
靴は一度買うと、長く使えるので、どうしても挑戦しづらいですよね。
結局、失敗をしたくないので、いつも無難な色や形の靴ばかりを買っている人も多いと思います。

思い返してほしいのですが、オシャレな人って様々なバリエーションの靴を履きこなしていませんか?
そう、オシャレな人は服装やシチュエーションに合わせて、靴を使い分けているんです。

靴のサブスクを使えば、リスクを最小限にバリエーション豊富な靴を履くことができます。
履いたことがなかった色や形に是非挑戦してみてください。

靴サブスクのデメリット

靴サブスクのデメリット

靴サブスクを利用するデメリットは3つありました。

  1. 利用しなくても月額料金が発生する
  2. 靴は中古が基本
  3. 靴の試着ができない

それぞれ深掘りしていきます。

デメリット1:利用しなくても月額料金が発生する

サブスク型の場合は、靴を履かなかったとしても月額料金が発生します。
履かない期間が長くなるほど、余計なコストがかかると言えます。
あまり使わないな、と感じた場合は、早めに解約を検討することも大切です。

デメリット2:靴は中古が基本

靴のサブスクを含む、ファッションのサブスク・レンタルサービスは、アイテムが中古であることがほとんどです。
何人かでシェアをして使うことでコストを抑えられるわけです。

そのため、中古のものに抵抗がある人は向きません。特に靴は中古であることに抵抗感がある人も多いのではないでしょうか?
ただ、サービス側も配慮して、強力なクリーニングを行なっているので、臭いなどの心配はありません。
僕も過去に靴のサブスクを利用してきましたが、「臭い!」などの不快な思いをしたことはありませんでした。

デメリット3:靴の試着ができない

靴のサブスクはオンラインで完結するサービスなので、試着ができません。
靴は0.5cmでも違うと履き心地に違和感が出てくるので、試着ができないのはデメリットです。

そのため、サービス側もサイズ交換が無料だったり、中敷を付属してくれていたりという工夫があります。
サービス利用前にチェックしてみてください。
心配な場合は、靴の注文時にコメントをつけておくと良いでしょう。
「幅広で…。」「甲高で…。」と自分の足の特徴を事前に伝えておくことで、ジャストサイズの靴が初回から届きやすくなります。

まとめ:靴のサブスク・レンタル

以上、メンズ用の靴サブスク・レンタルサービスの比較でした。
オススメのサービスをピックアップすると以下の通りです。

サービス名特徴
靴男(クツダン)革靴専門のサブスク。3足で月額5,000円の反則級なコスパ。
GO WITH WHITE.白スニーカー専門のサブスク。ここでしか手に入らないスニーカーが所有できる。
DMMいろいろレンタル単発型の靴レンタルサービス。バリエーション豊かな革靴が揃う。

迷ったら、靴男を使ってみてください。他のサブスクと比べて1歩リードのクオリティですよ。
靴男について詳しいレビュー記事もありますので、興味がありましたら読んでみてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

→靴男の詳しい解説記事はこちら